Philosophy

EVERYDAY

末広がりのフォルムがどこか豊かさを感じさせるテーパーバゲットカットダイヤモンド。
その凛とした輝きはスタイリッシュだけれど、これ見よがしでなく趣味がいい。
主役はあくまでも私。ジュエリーにはさりげない煌めきで自信を後押ししてほしいと思う。
見えないパワーを感じる宝石は、毎日身につけるものだから、
スタイリッシュなだけでなくクオリティも譲れない。
フラットで大きな面積を必要とするテーパーバゲットカットは、
限られた形状の原石でしか切り取ることができない希少なもの。
熟練の職人の研摩によって光を取り込み、眩さよりも透明感を生かした独自の静かなる輝きを生み出している。

TAPERED BAGUETTE CUT

テーパーが「傾く」、バゲットが「棒状」を
意味するフランス語に由来し、
台形にカットされたフォルムを、
テーパーバゲットカットといいます。
DIAMOND GRADING
グレードの高いファンシーカットダイヤモンドは多くないといわれますが、
ベルシオラでは、ハイジュエラー[Beauty Gems]とのパートナーシップの元、
クオリティや希少性の高い石が集まる環境を活かし、カットの正確さや、
クラック( = 欠け)、インクルージョン( = 内包物)をチェックし、素材を選びぬいています。
遠くから見ても輝くベルシオラのダイヤモンドは、
エンゲージメントリングでも使われるHカラークラスを使用しています。
SOPHISTICATED
クオリティはもちろん、デザインも数多くのバリエーションが揃うダイヤモンドのジュエリー。
さまざまなデザインを身につけてきたけれど、いつからか、どれもしっくりこなくなった。
そんなとき出合ったのが、程よい緊張感のあるベルシオラのジュエリー。
直線的なテーパーバゲットカットダイヤモンドを整然と並べたり、ランダムな配置で動きを出したり。
削ぎ凛としたなかに気品のある印象を醸し出す絶妙のコントラスト、
そして、ダイヤモンドとしての輝きを内に秘め、
面で魅せたミニマムなデザインに私はすっかり虜になっている。